■プロフィール

rato

Author:rato
名前:らと
種族:堕落した本の虫。
属性:IT関係の属性
レベル:25

6割くらいはラノベをよく読んでおります。
またネトゲのROをやってたりします。
サーバーはFreyaで色々活動しています。
所属ギルドははみぬこ。という傭兵Gであります。

以後お見知りおきを~

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
〈本の姫〉は謳う1
「滅日」によって大陸中に散らばった、世界を蝕む邪悪な存在〈文字〉。
天使の遺跡を巡り、本を修繕する少年アンガスは、文字を探し回収するために、〈本の姫〉と旅を続けている。
ある日、無法者たちから救い出した少女に、文字の気配を感じた彼は・・・。

先月でた〈本の姫〉は謳う1読了。
書泉に寄ったときに、平積みになっていたのに目が留まり購入。

あらすじはこんな感じの話で、第一印象はよくあるモノ集め的な話なのかなぁって思ったんですが
とりあえず表紙に惹かれていつのまにかレジに向かっていましt
だってさー山本ヤマトさんが表紙の本は大抵ハズレはない!!
9Sも紅も読んでるしなぁ。他にもあるのは知ってるけどそこまで手は出してないが・・・

内容としては、隻眼の少年が<本の姫>と愛を育み、悪党を懲らしめる痛快活劇である
半分間違ってないと思うけど、そこまで単純じゃないお話。
時代背景的にはアメリカの開拓時代なのを想像するといい感じで
最初世界は天使族と呼ばれる種族が、世界の根幹にかかわる<文字>を活用し栄華を
誇っていたがとある理由で滅日を向かえ滅んでしまう。

天使たちが扱っていた<文字>は22個あり、滅日後は24個の<文字>が出現する。
この全ての<文字>を回収するのが目的である。

この話の中心にある文字とはなんぞや?というのを、過去の天使の話を
織り交ぜつつ伏線を張っていくのは中々いい感じ。
主人公も勿論秘密があるが、自分としては<本の姫>が何者かが気になるなぁ。
予測はたつけど、今後が気になるお話です。

あとがきからだと、既に書きあがってるようなので毎月でるのかな?
ちょっと調べていないけど、それならいいなぁ・・
全4巻ということなので現状のところ続き買うのは確定かなー


んーしかし、感想サイトを結構読むんだけど
これ実際やってみると、中々難しいな・・・w
書きすぎちゃまずいだろうけど、漠然と書いちゃなんか微妙な感じだし・・・
まぁ、やりたいようにやればいいのかなぁ

http://www.chuko.co.jp/new/2007/10/501006.html
スポンサーサイト


感想 | 22:23:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。